銀行ローンと銀行系ローン

銀行ローンと銀行系ローン

TOPページ 銀行ローンの基礎知識 > 銀行ローンと銀行系ローン

 

銀行ローンと銀行系ローン

銀行ローンとは

都市銀行・地方銀行、及び信用金庫・信用組合など民間の特定金融機関が個人または法人への資金を融資するローンを≪銀行ローン≫と称します。

各金融機関で取り扱っているローンの種類はとても豊富です。

代表的な個人向けの銀行ローンとしては、住宅ローン・マイカー(自動車)ローン・教育ローン>など各種用途別の目的ローンなどがございます。金融機関によってはブライダルローン・メモリアルローン・出産ローンなどさまざまな用途に合わせたローンを取り扱っています。

これらの目的に応じた銀行ローンの他に、用途目的が限定されていないフリーローンもありますが、用途の記入は必須です。

銀行ローンの一番の特徴は『金利が低い』事でしょう。

更に、預金口座などを長年利用していると、金利が優遇され通常より低く融資を受けることが出来たり、審査時のプラス要因に組み込まれるなど、比較的厳しい融資審査基準を緩和してくれる銀行もあるようです。

しかし、場合によって審査が通らず低金利でローンを利用出来ないこともあります。

それは銀行ローンの対象の多くは、継続的に安定した収入のあるサラリーマンや公務員などで、その基準はそれぞれの金融機関によって定められているからなのです。

また、勤続年数や年収、勤務先の属性等も消費者金融業会社や信販系ローン会社と比較すると審査基準はかなり厳しく設定されています。(但し、連帯保証人を付けるなど特例での融資が受けられる場合もございます。)

『銀行ローンを利用したい。』とお考えになった際には、各金融機関の窓口やホームペ―ジなどで、あらかじめ融資基準及び審査基準等を確認した上で、各種銀行ローンの申し込みをされることをお勧めいたします。

銀行系ローンとは

都市銀行や地方銀行が母体となって運営しているローン会社や銀行系グループ内のローン会社が、個人に融資する事を≪銀行系ローン≫と称します。

金利が消費者金融会社のローンや信販系ローンと比較した場合“低金利で融資を受けられる”ということが最大の魅力と言えるでしょう。

また、普段から預貯金などで利用され使い慣れている、取引先の銀行が母体となっているローン会社を利用するという事は、利用する側にとっても“安心と信頼感を持って利用できる”という事も魅力のひとつではないでしょうか。

銀行系ローン会社はSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス等があります。

テレビCMは勿論、インターネット広告、新聞雑誌広告・・・目にしない日が無いほどの勢いで消費者金融市場を邁進しています。

銀行系ローン会社のそれぞれの金利や利用限度額、審査基準は異なりますが、どこも“体力”のある銀行が母体であることから、低金利で安心と信頼を得て、今ではすっかり地味になってしまった大手消費者金融業会社を追い越してしまう程人気があり(※1)ローンの未経験者の方が『ローンを利用したい。』と、インターネットでの申し込みが増えているようです。さらに、消費者金融業会社を長年利用してきたローン経験者の方が、銀行系ローン会社に借り換えをしている現状も多く見受けられています。

これは『安心感や信頼感もあるし、なんと言っても低金利だし。』だけが理由ではないと思います。

“厳しい”と思われがちな銀行系ローン会社の審査基準が、大手の消費者金融会社とあまり変わらないことも理由のひとつだと思われます。

現在大手消費者金融会社の多くは、大手都市銀行のグループ内企業になっており、業務提携や連携をしています。

これにより、与信審査は大手消費者金融業会社のノウハウで審査をしており、企業によっては申し込み後の審査を大手消費者金融業者に委託している場合があります。その実際の状況は契約・融資部門を銀行系ローンが行い、審査部門と保証部門は大手消費者金融会社が行っているケースが殆どなのです。

「ローン(キャッシング)を利用したい。」と初めて思った時に、今まででしたら消費者金融会社の名前を思い浮かぶ方が少なくなかったかと思います。そして「どうせ、銀行系ローンでは借りられないだろう…」とお考えになった方も少なくないと思います。

ですが、初めてのローン(キャッシング)だからこそ、銀行系ローン会社でのローン利用を比較検討されることをお勧めいたします。


銀行ローンと銀行系ローンの違い

現在18歳以上で一定の収入がある社会人(勤労学生含む)であれば、誰でもローンを利用することが出来る時代になりました。

“ローン商品”には、資金用途別のローン商品とキャッシングローン商品の二種類がございます。
ここでは、銀行ローンと銀行系ローンの取り扱っているローン商品の違いなどを、ご紹介いたします。

■資金用途別ローン

都市銀行や地方銀行など特定金融機関で取り扱っている銀行ローンは、資金用途別のローン商品がメインになっております。住宅購入費用・車購入費用・教育資金費用・・・など、利用を希望される方それぞれの目的によって細かく分類された“銀行ローン商品”を用意しており、利用者も希望者もとても多い種類のローンです。

『家を購入したい・・・子供の進学費用が足りない・・・』などその資金目的が明確で、尚且つ、資金が必要な時期までに日数的に余裕があれば、まず各種の銀行ローンでのローン利用を検討されることをお勧め致します。

その用途目的に応じたローン商品で融資を受けられることが出来れば、金利面から考えると銀行系ローン会社や消費者金融会社を利用するよりもかなりお得です。

しかし、銀行ローンは審査対象の方も限定されていることが多く、勤続年数などの審査内容もかなり厳しいものです。さらに審査にはとても時間がかかりますし、審査事前に提出する関係書類も多く、また審査中に何度か足を運ばなければならない場合が多く見受けられます。

私が住宅ローンを某都市銀行で申し込みをした際の、融資実行になるまでの体験談を紹介いたします。
10月中旬から必要と思われる関係書類を集め始め、11月初旬に申し込みを致しました。その場で持参した書類以外にもいろいろと関係書類の添付を求められ、翌年の3月ようやく融資の内定がくだり、7月に最終添付書類完了、8月にやっと融資実行になりました。

その間保証人と伴に合計10回以上、会社を早退したり有給休暇を使ったりして、銀行の窓口へせっせと足を運びました。その度に何度も提出している関係書類を毎回持参し『勤務先の企業の優劣を審査する為』とのことで、過去三年分の企業実績表の提出を求められたり、当時勤務していた新入社員募集の為に作成してある“会社案内”のパンフレットの提出を求められたこともございました。

高額で金利の低い銀行ローンを利用する為には『いろいろと面倒だし、大変・・・』というのが本音でした。

■キャッシングローン

大手都市銀行などが母体となって運営している銀行系ローン会社で取り扱っているローン商品は“キャッシングローン”です。

銀行ローンの資金用途に応じたローンとは異なり、その用途目的の幅は広く、生活費用・交際費用・レジャー費用・・・など、さまざまなシーンに応じて利用され、銀行系ローン会社だけでは無く信販系ローン会社、消費者金融会社を含めると、現在は就業人口の3~4人に1人の割合でキャッシング利用経験者であると報告(2008年2月現在)されております。

最近、多くの申し込みや契約が際立っている銀行系ローン会社のキャッシングローンは、信販系や消費者金融系ローンのキャッシングローンと比べ、融資限度額の設定は大きく、金利は利息制限法(※2)の範囲内で設定しており、多くのキャッシングローン希望者からの支持を得ています。

また、銀行ローンのひとつである、資金用途がある意味自由なフリーカードローンと比べると、審査基準も緩く保証人や担保を必要としないため、気軽に申し込みをされていらっしゃる方が増化傾向にあるようです。

キャッシングローンの場合、申し込み条件として“満20歳以上で69歳未満”及び“安定した収入がある”というのが原則となっております。

“安定した収入”とは、“定期的な収入がある”ということですので、公務員や正社員以外の常用雇用形態では無い、自営業・派遣社員・パートやアルバイト雇用の方も審査対象となります(各銀行系ローン会社により審査基準は異なります)

対象が限定されている銀行ローンの審査・融資基準から外れている方にとっても、申し込みや利用が可能なローンなのです。

※2 利息制限法とは、1954年に債務者(借り主)保護の目的で制定された、利息についての基本的な法律。金銭消費賃借上の契約及び損害賠償の予定額について、利息の観点から制限を加えた法律。


消費者金融会社との違い

都市銀行や地方銀行、信用金庫・組合などの特定金融機関が母体となっている、または銀行と消費者金融会社と連携して運営している銀行系ローン会社と称します。

これに対して、銀行のように預金を扱うことがなく融資をするだけの消費者金融系ローン会社と称します。

ここではそれぞれの違いをご紹介いたします。

まず、同じキャッシングローン商品を扱うことから、類似する部分をご紹介いたします。

銀行系ローンも消費者金融系ローンも、通常の銀行ローンの審査とは異なり、20歳以上で会社員(常用雇用社員)では無くとも、パート・アルバイトで安定した収入のある方であれば、ローンを利用することが可能です。

勤続年数が2年以上継続していれば審査も通り易く、何より当日に資金が必要な場合でも、融資を受けられるケースが、ほとんどの銀行系ローンと消費者金融系ローンで見受けられます。『それでは双方とも違いが無いの?』と言われそうなので、同じ点はここまでにします。

そもそも、銀行が消費者金融(キャッシング)市場に進出するためには、永年に渡ってその市場を独占してきた消費者金融会社のノウハウが必要でした。銀行が審査や保証業務の委託を消費者金融会社に委託し、銀行母体のATMでのカード利用を、消費者金融会社で発行しているカードでも利用可能にするなどを行うことによって、消費者金融会社の持つ膨大な顧客データーの一部と、与信審査のノウハウを得ることが出来たのです。

そして、大手都市銀行が母体となっている銀行系ローン会社は、豊かな資金力と信頼感を持って、消費者金融系ローンとの差別化を図るために“融資限度額”と“金利”でその特徴を伸ばしてまいりました。

■融資限度額の違い

銀行系ローン会社の顧客層のターゲットの多くは、消費者金融会社の顧客層のターゲットより経済面で少し“ゆとり”のある顧客層です。

消費者金会社のローン商品の多くは、初回の融資限度額を50万円としております。

一方銀行系ローン会社では、新規であっても初回の融資額が100万円以上の高額融資である場合が多いのです。

消費者金融会社でもローン商品によっては、融資限度額が50万円を超えるものもありますが、新規での取引をされる顧客に無担保のローンで、初回から100万円以上の高額融資をするなどということは殆どございません。

■金利の違い

キャッシングローンに興味をもたれている方にとって、気掛りなことのひとつに『利息ってどのくらい付くの?』といった、金利に関する情報ではないでしょうか。

銀行系ローン、消費者金融系ローンなど≪金銭消費賃借契約≫を締結する際には【利息制限法】で定められた上限金利までとして、金利を設定しなければなりません。しかし、厳しい条件を全て満たしていれば【出資法】の上限金利まで認められているのです。

消費者金融系ローンは、その厳しい条件を全て満たさないまま利息制限法を超えて、出資法を根拠とした上限金利を適応している場合が、多くの消費者金融会社で見受けられます。

【グレーゾーン金利】という言葉を目にしたり、耳にした事がございませんか? 

グレーゾーン金利とは、“利息制限法”と“出資法”のふたつの法律の間で、上限金利を別々に定めているために発生した、いわば『曖昧な部分』です。

過去より消費者金融系ローンの多くは、出資法ではなく、利息制限法を基準にして自社の金利を設定してきております。

一方、銀行系ローンの多くでは、出資法を基準とした利率を設定していますので、消費者金融系ローンよりもかなり上限利率が低いのが特徴です。

◇出資法◇

個人(私人)間では109.5%、事業者(貸金業者)は29.2%。この上限を超えた金利での貸付けに対しては、罰則規定があります。

◇利息制限法◇

貸付元金10万円未満は20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は15%。

この上限を超えた金利での貸付けは、超過した部分の利息が契約上無効になるだけで罰則はありません。

◆出資法と利息制限法の上限金利差であるグレーゾーン金利◆

10万円未満の場合…20%~29.2%
10万円以上100万円未満の場合…18%~29.2%
100万円以上の場合…15%~29.2%
このグレーゾーン金利というものには、別に罰則規定がないため消費者金融系ローンは現在も貸付の上限利率を29.2%としているところが多いようですが、ここ数年の“グレーゾーン金利撤廃”の動きを受けて、今までのように高金利での融資が不可能になるため、社員の人員削減や店舗閉鎖など諸経費を節減し、ようやく上限利率を引き下げる傾向にあるようです。

■返済額の違い
消費者金融系ローン会社を利用している方に多く見られる傾向として“何社も利用している状態”であると報告されております。それぞれに毎月支払う返済額は少なくても、合計すると、かなり高額の返済額になっています。付け加えて申し上げますと、利息部分の支払いがその殆どを占めています。
同じ金額を銀行系ローン会社1社から利用した場合と、消費者金融系ローン会社数社を利用した場合、支払額もそれに付いている利息金がかなり変わってまいります。

◇100万円を消費者金融系ローン会社4社から借入した場合の30日後の支払額と利息金
 (年利率と支払額は、代表的な消費者金融系ローン会社4社から参照しております)
A社…利用金額50万円 年利率28.0% 月々の返済額15000円 内利息金11507円
B社…利用金額30万円 年利率29.2% 月々の返済額10000円 内利息金 7200円
C社…利用金額10万円 年利率29.2% 月々の返済額 4000円 内利息金 2400円
D社…利用金額10万円 年利率29.2% 月々の返済額 3000円 内利息金 2400円
利用金額合計 100万円      支払い合計金額 32000円 合計利息 23507円

◇100万円を銀行系ローン会社1社から借入した場合の30日後の支払額と利息金
(年利率と支払額は、代表的な銀行系ローン会社から参照しております)
A社…利用金額 100万円 年利率18.0% 月々の返済額25000円 内利息金14795円

このように、同じ利用金額でも融資限度額の少ない、消費者金融系ローン会社複数社から借入をした場合と、融資限度額の多い銀行系ローン会社を利用した場合とでは、かなりの差額が発生いたします。

ページトップへ↑