無職の場合

無職の場合

TOPページ タイプ別診断 > 無職の場合

 

無職の場合

三菱東京UFJ銀行カードローン楽天銀行スーパーローン仙台銀行カードローン常陽銀行カードローンは主婦、20歳以上の学生の方でも可能な銀行カードローンとして人気です。

各金融機関のローン商品では、原則≪一定の安定した収入がある≫ことを条件としています。

何らかの理由により“無職状態”である場合、金融機関でのローンを利用することは、本来は不可能なのですが、インターネットのサイトなどで【無職でローンを利用する方法】などといった記事が数多くみられます。

その内容の多くは、全く収入を得ていないにも関わらず“自営業”と虚偽申告をして申し込みをしたり、架空の会社やお店で勤務しているように偽装するなど、詐欺まがいの悪質なケースが見受けられます。

また【無職でも利用可能】などと明記し、法外な利息を取るヤミ金融のような悪徳金融業者もまだまだ数多く存在するのも事実です。

ここでは“無職状態である”と申し込み時に申告をされている方に対する、各金融機関の対応などをご紹介いたします。

銀行ローン

住宅ローンやマイカー(自動車)ローンなどの銀行ローンの利用を申し込みした場合、その申し込みの書面には必ず【勤務先名】【職業】を記入する箇所がございます。

その欄に、『無職』と記入した場合、例えば不動産収入や年金収入がある場合でも、銀行でローンを利用することはかなり難しいと思います。

銀行でのローン商品を希望する場合、資金の使途は明確です。

「遊びのお金が必要なので・・・」などという理由ではない以上、相談にのってくださるご家族がいらっしゃるのであれば、何故資金が必要なのかということを説明し、ご家族と相談したうえ配偶者や、ご両親、ご兄弟が主債務者として銀行に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

マイカー(自動車)ローンの場合を例に申し上げますと、銀行でローン利用の申し込みをして審査を受け、契約をしてその資金で購入した自動車は、もちろん契約者(主債務者)であるご家族が“所有者”になりますので、それを“家族から借りて使用している”という状態になります。
未成年の方や、学生の方に多くみられるケースです。

日立キャピタルのマイカーローン等のように自動車専用ローンなども検討に入れましょう。

銀行系ローン・消費者金融系ローン会社

全く収入が無い無職状態で、銀行系ローン商品や消費者金融系ローン商品に利用の申し込みをしても、その時点でまず間違いなく断られます。

【安定した一定の収入がある】ことが絶対条件なわけですから、当たり前のことです。

しかし、一般企業や個人経営を含めた会社などには雇用されていない状態であっても、一定の安定した収入がある、という状態であれば(不動産収入や在宅ワークなどによる収入)その旨、申し込みの時点で記入してみてはいかがでしょうか。

解釈によっては、それが職業とみなしてくれる銀行系ローン会社・消費者金融系ローン会社があるはずです。

そのためには収入を証明することが不可欠になりますので、各社それぞれの申し込み基準で定められている年収額以上の“所得証明証”や、毎月の収入を証明する“収入が振り込まれる通帳”などの提示が、義務でありませんが必要とされるでしょう。

◇無職をどう定義付けるかによって、その解釈は変わってまいります。

①専業主婦(主夫)
②学生
③家事手伝い
④定職に就いてはいないが収入はある
⑤定職に就いておらず収入も無い

銀行系ローン会社・消費者金融系ローン会社それぞれの規定にもよりますが、①の専業主婦(主夫)は配偶者の属性による審査が通れば、キャッシングローンの利用は可能です。

②の学生の場合、20歳以上であることやアルバイト収入がある、などの条件が充たされない場合、キャッシングローンの利用は難しいでしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローン楽天銀行スーパーローン仙台銀行カードローン常陽銀行カードローンなどは主婦、20歳以上の学生の方でも可能な銀行カードローンとして貴重な存在です。

③の家事手伝い、⑤の定職に就いておらず収入も無い場合、キャッシングローンの利用は、難しいでしょう。

④の定職に就いてはいないが収入はある場合、その収入がどこから入るのか、またそれをどう証明するかによってキャッシングローンの利用は可能です。

基本的に銀行系ローン会社や消費者金融系ローン会社は平たく言えば“信用貸し”です。その信用を“返済能力”で判断いたします。

“無職”は、返済能力が無いと判断するには十分な理由となります。

余談ですが、中小の金融会社や個人で営んでいる金融業者によっては、融資の貸し付け基準をきちんと設けておらず、無職状態でも融資対象としているケースもあります。

ですが貸金業規制法の改正に伴い、利息収入が減少して経営が成り立たず倒産するなど、その中小の金融会社や個人の金融業者の数は日々減少しており、最近店舗はおろか看板ですら見かけることが少なくなりました。

残念ながら、現在の銀行や銀行系ローン会社、消費者金融系ローン会社などでは、全く収入のない“無職状態”の方に対しての融資は行っておりません。

ですが、ヤミ金融などの悪徳業者からの借入れは、身の破滅の第一歩となります。ご注意くださいませ。

ページトップへ↑