銀行ローン体験談

銀行ローン体験談

TOPページ ローン体験談 > 銀行ローン体験談

 

銀行ローン体験談

現代社会において今や、ローンは身近な存在です。
そして『ローン』とひとくちに申し上げても、いろいろなローンの種類がございます。
またその各ローンの幅は大きく、ローンを取り扱っているいろいろな金融機関がございます。

銀行、銀行系ローン会社、消費者金融系ローン会社などのローン商品を利用している方から届いた体験談をここではご紹介いたします。

各ローン商品の利用体験談を通して、ローン利用をする際の参考のひとつとして、読んで頂けると幸いです。

銀行ローンを利用する場合、資金使途は明確です。

“住宅購入(リフォーム)資金”“自動車購入資金”“教育資金”・・・などが代表されます。

私も10年前に住宅ローンを某都市銀行にて申し込みをした経験がございます。

ここでは融資実行になるまでの私自身の銀行ローン体験談を紹介いたします。

銀行ローン体験談

住宅購入を決めた10月中旬頃から、必要と思われる関係書類を集め始め、11月初旬に金融機関に申し込みを致しました。

ハウスメーカーの担当者から言われて集め、持参した書類以外にもいろいろと関係書類の添付を求められ、連帯保証人が必要な事もその場で知りました。

保証人はすぐに見つかりましたが、今度はその保証人の書類集めです。

申し込みをした翌年の3月ようやく融資の内定がくだり、7月に最終添付書類完了、8月にやっと融資実行になりました。

その間保証人と伴に合計10回以上、会社を早退したり有給休暇を使ったりして、銀行の窓口へせっせと足を運びました。

その度に何度も提出している関係書類を毎回持参し『勤務先の企業の優劣を審査する為』とのことで、過去三年分の企業実績表の提出を求められたり、当時勤務していた新入社員募集の為に作成してある“会社案内”のパンフレットの提出を求められたこともございました。

住宅ローンを利用する為には『いろいろと面倒だし、大変・・・』というのが当時の私の本音です。

しかし現在は、インターネットで仮申し込みが出来るようになりました。

各金融機関のホームページには、各銀行ローン商品の申込フォームが設置してあり、購入予定の詳細情報や資金計画などを入力して、審査が通ると契約申込書が郵送されてきます。

改めて、その契約申込書に必要事項を記入し、本人が確認できる免許証や保険証と、物件証明などの書類を持参して金融機関に出向きます。

金融機関にて、契約申込書の記載内容と各種証明証の確認がされ、物件については“担保価値”の判断などため現地での実地調査が行われるようです。

以上の確認と調査に問題がなければ、融資実行になります。

手間と時間がかかった頃に比べると、住宅ローンの利用もインターネットを活用することで、かなりスムーズに運ぶようになったようです。

★金融機関によって申し込み方法と契約の手順は、異なる場合がございますので、ご注意くださいませ。

銀行系ローン体験談

申し込みから審査まで、時間もかからずに出来る銀行系ローン会社は、その気軽さと利便性から多くの利用者から指示を受けております。

また、金利も低くちょっとした資金が必要な場合など、活用法によってはとても“お得”であることも利用している方からの声も多く寄せられております。

ここでは、初めて銀行系ローン会社でのローン利用をされた方の体験談をご紹介いたします。

会社員 20代 男性の銀行系ローン体験談

同僚が利用していると聞いていた、気軽で便利な銀行系ローン会社のキャッシングは、以前より大手都市銀行が運営していることなど、いろいろと話題になっていたので以前から興味がありました。

そして、今回初めて利用したキャッシングローンも使い方によっては、とても“お得”だということを知りました。

初めての申し込みに少し緊張感を覚えながら、インターネットにて見つけた銀行系ローン会社へキャッシングローンの申込をしました。

申し込みフォームに必要事項を入力し、待つこと30秒・・・。

審査が通ったことを、連絡先として登録しておいた携帯電話に女性スタッフから告げられました。

その際、キャッシングローンを利用するためのカードの到着時期や簡易書留郵便での送付になるなどの他に、利用や返済時にカード利用が可能なATMが設置してある金融機関や、コンビニなど、今後のキャッシングローンの受け方、返し方についての具体的な説明を受けました。

不明な点についての質問をした時は親切丁寧に対応してくれ、初めの緊張感は消えました。

申し込みをした2~3日にカードと書類が届き、必要事項を記入して返送。

本当に、すんなりとストレスを感じることもなくカードを作ることが出来ました。

急な飲み会の予定が入った週末、お財布の中身が心細かったので手元の銀行系ローン会社のカードを利用し、深夜でも利用の出来るコンビニ設置のATMで3万円ほどキャッシングをしました。

各金融機関が、それぞれ規定しているATMでの利用時間以外や、土日に預金を引き出すと“105円の手数料”がかかります。

でも、計算してみると6日以内に返済してしまえば、利息金はたったの88円なのです。

“キャッシング”というとなんだか一昔前までは、ちょっと後ろめたい感じがしていましたが、各銀行系ローン会社のキャッシングローンは、大手都市銀行が母体となって運営をしていたり、グループ企業であったりと、その信頼感と安心感もさることながら、利用の仕方によっては本当に便利でお得なのだ・・・と知った私です。


初めての場合にはいろいろわからない部分もありますので不安になるかと思いますが、きちんと計画的に行えば便利に使えるものです。ぜひ参考にしてみてください。

消費者金融系ローン体験談

消費者金融系ローン会社のなかでも、『大手』と称される一部の企業を除いては、まだまだ上限の金利を29.2%と設定しております。

また、現在は上限金利を18.00%と明記していても、それ以前の契約分やキャッシングローンの利用分に関しては高金利で利息計算をしている場合が多く、今後の“グレーゾーン金利の完全撤廃(※6)”以降にも、その利息計算法の適応はされつづけることと思います。

ここでは、以前から消費者金融系ローン会社でのキャッシングローン利用をされている方で、上記のような経験をされている方の体験談をご紹介いたします。

契約社員 30代 女性の消費者金融系ローン体験談

私は5年前から消費者金融系ローン会社での、キャッシングローンの利用をしております。

契約時に設定してあった金利は29.2%との事でしたが、『10万円利用しても、一日80円しか利息は付きません。』と説明を受け、しばらくは10万円の利用限度額で取引をしていました。

その後、利用限度額は知らない間に“30万円”まで上がって、気がつけば利用残高もその額まで到達しておりました。

利用を始めて4年後の去年、利用可能の限度額が50万円に上がったと連絡が入り、『今、キャッシングの利用をして頂ければ、キャンペーン中なので金利が下がります。』と言われました。

契約書の書き換えをする事もない、との事でしたので20万円をキャッシングし利用残高が50万円となりました。

連絡をくれた従業員の話では、『金利が18%になる。』との事でしたので、一日の利息は246円だそうです。

以前に説明があったことを思い出しました。

10万円で80円ならば、30万円で240円・・・
50万円までキャッシングしても、一日6円しか変わらない!!と単純に喜んでおりました。

一カ月後、返済をした明細を見て、がく然としました。

何故なら利息充当部分が1万円をこえていたのです。

ATMコーナーの奥にある窓口に、その明細を持って問い合わせをすると、女性従業員が電卓を片手に応対し、説明を始めました。

≪キャンペーン前の利用残高30万円に対する利息金7200円(30日間)、キャンペーン時の利用金額20万円に対する利息金2959円(30日間)、合計の利息金10159円(30日間)≫

私は、利用している残高50万に対しての金利が、18%になるのではないのか?と、詰め寄りましたが、『契約書の変更または、更新契約をしないと無理です。』と回答され、なんだか腑に落ちない想いで、その手続きを求めました。

しかし、申し込み当時とは勤務先や他社の利用件数などが違ってしまっている、私の現在の状況では審査基準の関係で、契約の変更や更新契約は出来ないと伝えられ、納得の出来ない想いを未だに抱えております。

※6 貸金業規制法の改正により2010年ごろまでには、改正法の完全実施により出資法の上限金利は29.2%から15.00%~20.00%の間の金利に引き下げられることになっております。

おまとめ一本化ローン体験談

おまとめローンの現在の人気は年利1.2%~14.8%(保証料年1.2%相当を含む)(約定金利 年4.6%~13.6%)、融資限度額30万~1000万円東京スター銀行 おまとめローン年収による申し込み制限が200万円以上)、年利4.9%~14.5%、限度額は最大500万円楽天銀行スーパーローン限度額100万円以下ならば収入証明書が原則不要)です。

複数社からのローン利用を、一箇所の金融機関に借り換えをする事を『ローンの一本化』と呼んでおります。

銀行をはじめ、銀行系ローン会社や消費者金融系ローン会社では、それぞれ「おまとめローン」や「おとりまとめローン」と称して、一本化が可能な高額融資のローン商品を取り扱っております。

ネット銀行では、資金使途を【ローンの一本化】のみとしている商品を取り扱っている場合が多く、また銀行系ローン会社でもかなり積極的に取り組んでいるようです。

ローンの一本化のメリットは、契約しているローン会社によって異なる支払額をひとつにまとめることだけではなく、何枚もあるカードを持って、あちこちのATMへ出向くことや、何箇所もある口座振込返済の手間も手数料がなくなることです。

そして、最大のメリットとしては、銀行や銀行系ローン会社の低金利商品を利用した場合、一本化する前と比べて、支払額も利息金もかなり安くなることです。

ここでは、複数社からのローン利用を一本化した方の体験談をご紹介いたします。

公務員 30代 男性のおまとめ一本化ローン体験談

◇以前は5社から総額300万円のキャッシングローン利用がありました。
内訳はA社110万円、B社100万円、C社60万円、D社20万円、E社10万円、そして支払総額は約12万円でした。

すべて、消費者金融系ローン会社からの利用で、それぞれの返済方法はATM払い、銀行口座への振込払い、店頭での支払い・・・と異なりますが、それでも返済をしなければならないので、ずっと面等な手間と時間をやりくりして、各業者への支払いを続けてまいりました。

公務員の職に就いておりますので、平日の日中などは外出する事はなかなか出来ず、夜間にローン会社のATMで支払いをしました。

カードの発行がなくATMでの返済利用が出来ない、中小金融業者への支払いは、振込手数料が多くかかっても、お昼休みの時間を利用して近くの振込先銀行以外の金融機関に出向いたり、早退や遅刻をして借入先の支店窓口に足を運びました。

永年利用している消費者金融系ローン会社が『一本化』のローンを取り扱っていることを知ったのはつい最近です。

早速“一本化”の相談をしてみました。

何度か話した事のあるスタッフが対応してくれて、5分ほどの申し込みの内容を聞き取られた後、依頼のあった“収入が確認出来る給料明細や源泉徴収票”を、帰宅後コンビニからFAX送信し、その審査結果を待ちました。

翌日の午後、担当スタッフから連絡がありました。

インターネットの≪比較サイト≫などでは『比較的審査が甘く、結果も30分で出ます。』などと書いてあったのにも関わらず、一本化のローン審査は通りませんでした。

対応してくれたスタッフが“絶対内緒ですよ…”と話してくれた内容は、『現在、経営状態が悪化しており、無担保での大口融資は、なかなか成約できなく私たちも困っている。』と逆に嘆いておりました。

きっとそんな事は言い訳で、何件もローン利用をしている私になんて、『絶対に一本化などしてくれないんだ…』と落胆しておりましたが、銀行系ローン会社のホームページや“一本化に成功した”など、やはり≪一本化≫への想いが捨てきれず、それらの情報を毎日閲覧し続け『駄目で元々…』という気持ちで、初めて取引をする銀行系ローン会社にインターネットで申し込みをしてみました。

申し込みの後、電話連絡を希望する時間(可能な時間)に、女性スタッフからの連絡がきました。

『おまとめローンのご希望ですか?』という問いでしたので、緊張しながらいままでの経緯を説明しました。

親身になって私の話を聞いてくれた、女性スタッフの一通りの説明のあと、電話を切り審査結果が出るのを待ちました。

なんと、≪融資金額300万円金利15%≫で見事審査が通ったのです。

実際に手元へカードと書類が届くまでは、2~3日かかりましたが、その後の手続きなど面倒なことも無く、『ご利用が可能です』と再度連絡を受けた翌日には、有給休暇を取り、300万円を抱えてそれぞれの消費者金融系ローン会社へ連絡し、振込みでの返済と窓口での返済手続きをしました。

丸1日掛かった行動でしたが、利用していた5社、総額300万円をすべて完済し、さらにカード利用の解約も済ませました。

現在、私の利用しているキャッシングローンカード1枚。
返済先1社。
支払額7万2千円。
支払い場所・・・近所のコンビニATM。

一本化の場合には銀行、もしくは銀行系の会社が安心です。

銀行のおまとめローンを検討するとよいでしょう。

ページトップへ↑