ローンの選び方

ローンの選び方

TOPページ 銀行ローンと銀行系ローン比較 > ローンの選び方

 

ローンの選び方

銀行ローンと銀行系ローンには、各ローン商品の特徴がございます。それぞれの用途や種類はさまざまです。その特徴に応じたローン商品を選ぶことが重要です。

◇銀行で取り扱うローン商品について

銀行ローンの大きな特徴として、用途別の同じ種類の銀行ローンでも、さらにその目的に応じた各種ローン商品を細かく分類していることがあげられます。

簡単ではありますが、主な銀行ローン商品(使途目的が明確な場合)を選ぶ際の、注意点や比較の仕方などをご紹介いたします。

住宅ローンの選び方

住宅ローンは借入金額が大きいということもあって、他の銀行ローンと比較すると長期にわたる返済期間である、というのが特徴のひとつです。返済期間が長期になるということは、それだけ金利がかさむということですから、金利が低いローン商品を優先的に選ぶのは、ある意味正しいのかもしれません。ですが、それ以外の部分にも目を向け、長期敵な視野を持って各金融機関の住宅ローンを、それぞれ比較検討されてみてはいかがでしょうか。

ローン商品によっては、保証人不要のものや、一定の条件を満たすことによって金利優遇サービスをするもの、固定金利や変動金利などそれぞれローン商品によって内容が変わります。住宅ローンを比較検討する際には、これらの詳細な部分まで調べることが重要なポイントになります。

マイカー(自動車)ローンの選び方

マイカー(自動車)ローンを申し込む場合、新車か中古車か、または修理代を借りたいのかなど、その用途に応じて利用できるローン商品が異なります。

マイカー(自動車)ローンには借入した元金に対する金利だけではなく、保証料やその他手数料がついてきます。すべての支払総額を年率で算出したものが実質年率で、マイカー(自動車)ローンを比較検討する際には、各金融機関の実質年率で選ぶようにする事をお勧めします。但し、マイカー(自動車)ローンに限ったことではございませんが、実質年率が低いということは、それだけ審査基準が厳しいということですので、覚えておきましょう。

教育ローンの選び方

教育ローンの特徴としては、その用途に応じたローン商品の種類がとても多いことです。また借入期間に幅が非常にある事と、限度額の幅にとても開きがある事も特徴のひとつです。

教育ローンを比較する際に、融資限度額が多い・手続きが簡単・審査から融資までのスピート性などを優先してしまいがちですが、これらだけを優先してしまうと金利が高いローン商品であることが多いので注意が必要です。教育ローンを比較する際には、融資までの審査期間と家計を圧迫しない返済額を優先し、且つ金利バランスの良いローン商品を選ぶことをお勧めいたします。


◇銀行系ローン会社で取り扱うローン商品について

基本的に無担保無保証で融資を行う、銀行系ローン会社でのローン商品は『キャッシングローン』と称されております。

利用限度額内であれば、希望に応じた現金を借入する事が出来、またお金に余裕がある時には、予め決めた返済額以上の入金をすることや、一括で全額返済することも可能なので、急に出費時に利用しやすく、且つ返済もしやすいのが特徴です。

銀行系ローン会社のそれぞれの商品内容(金利、サービス)に大差はございませんが、利用目的や利用期間、利用金額などをよく考え、自分合う商品や銀行系ローン会社を選びましょう。

カードローンの選び方

銀行系ローンの金利というものは、一律ではございません。各社のローン商品には、金利の幅があり、5%台の商品から18.00%となっております。ローン商品の金利面で選ぶ場合、とかく金利の低い方に目が行きがちですが、初めてローンを利用するときは、告示してある“最低金利”をチェックするより“上限金利”がより低い商品を選ぶようにするのがポイントです。

ページトップへ↑